Author Archive

Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responsess

2021年6月17日 Comments Off on Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responsess By sekael
Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses
Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses​

● Video for "Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses "

このVideoは、この記事を書いてくださった先生が、リーディングを伸ばすだけでなく、リスニングや発音なども一緒に理解できるように工夫して作成しています。

 

またこのVideoは、ニュースアナウンサーをイメージしており、こちらのVideoを理解できるようになると、将来、海外のニュースも日本語の字幕なし、英語の字幕もなくても理解できるようになることを目指して、ニュースに似せて作成しております。 

  

Videoの出てくる先生自身も、大手ECサイトでの英語記載、ジャーナリズム経験者、ゴーストライターなどと、なかなか普段会えないような職歴をもった方が今回の記事を書くだけでなく、このようなVideoの作成もしております。

日本人の方は、日本語訳が下にもありますが、なるべく、日本語訳をみないで、まずは動画やオーディオで英語の音源を聴いてから、日本語訳やリーディングを確認してもらえれば幸いです。 

セカエル講師陣より

● Terminology & Vocabulary for "Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses "

● Terminology & Vocabulary for "Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses "

 Customer’s demands
the amount and/or type of products and/or services that people will buy if they are available. 

 social plshidtatforms
It is an internet platform that lets you create, implement, and manage social media products and services. It enables the creation of social media websites and services that have full social media network capabilities.

Response
a reaction or answer to something may it be verbal or written.

Generic
Not particular; typical of or pertaining to a class or collection of items.

Pandemic

Noun: an occurrence and widespread of disease/s happening at a time affecting large areas or countries or even the whole world. 

Ex: The COVID-19 is considered a pandemic since 2020. 

Swiftly

adverb: quickly or fast

Ex: The government is swiftly making a move to fight against pandemic.

Implemented

verb (past tense): to execute, to apply, to put into action.

Ex: The World Health Organization implemented rules and regulations to help prevent the spread of  Covid-19 faster.

Employ

verb: to hire, engage. Ex: You should employ the right method and ingredients to make a delicious teriyaki.

 

What are the three approaches that The Vermont Country Store did to take its marketing strategies to the next level? 

Do you have twitter? If yes, what topics do you usually tweet?

What is your favorite emoji-style reaction? Why is it your favorite?

In your own opinion, do you think social media is a safe place to make friends?

● Reading article for "Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses "

Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses

People who use social media particularly Facebook are very familiar with emoji-style reaction buttons such as “Likes”, “Heart”, “Sad”, “Haha” and “Angry”. Twitter does not want to be out of the trend. According to the latest findings by reverse engineering expert Jane Manchun Wong, emoji-style reaction buttons are indeed heading to tweets, with the platform continuing to work on its new icons such as “Likes”, “Cheer”, “Hmm”, “Sad”, and “Haha”.  This latest response choices looks to be a combination of these popular emojis, which might allow more options to swiftly answer to tweets, especially when on the move, while also correlating with reaction usage on other social platforms and tapping into larger habits (Hutchinson, 2021).

 Twitter tried out identical emoji response tools in 2015, as well as up and thumbs down choices in 2018, but none of those features were ever implemented. Currently, this new version appears to be coming closer – humans reached out to Twitter for comments on the test, and received a generic response.Twitter aims to upgrade ways for people to express themselves in conversations happening on Twitter which is a clear confirmation that this is in testing, but it gives no hint of any further live tests or intentions for the functionality’s ultimateturn. However, it appears to be changing, which might introduce a whole new set of concerns into your tweeting process, as well as a whole new collection of data points for Twitter to employ to give insight into userreplies toeach tweet (Hutchinson, 2021).


Audio

Reference:

Hutchinson, A. (2021). Twitter continues to work on emoji-style reactions on tweets. Retrieved from https://www.socialmediatoday.com/news/twitter-continues-to-work-on-emoji-style-reactions-on-tweets/601019/

Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses

People who use social media particularly Facebook are very familiar with emoji-style reaction buttons such as “Likes”, “Heart”, “Sad”, “Haha” and “Angry”. Twitter does not want to be out of the trend. According to the latest findings by reverse engineering expert Jane Manchun Wong, emoji-style reaction buttons are indeed heading to tweets, with the platform continuing to work on its new icons such as “Likes”, “Cheer”, “Hmm”, “Sad”, and “Haha”.  This latest response choices looks to be a combination of these popular emojis, which might allow more options to  swiftly answer to tweets, especially when on the move, while also correlating with reaction usage on other social platforms and tapping into larger habits (Hutchinson, 2021).

Twitter tried out identical emoji response tools in 2015, as well as up and thumbs down choices in 2018, but none of those features were ever implemented. Currently, this new version appears to be coming closer – humans reached out to Twitter for comments on the test, and received a generic response. Twitter aims to upgrade ways for people to express themselves in conversations happening on Twitter which is a clear confirmation that this is in testing, but it gives no hint of any further live tests or intentions for the functionality’s ultimate turn. However, it appears to be changing, which might introduce a whole new set of concerns into your tweeting process, as well as a whole new collection of data points for Twitter to employ to give insight into user replies to each tweet (Hutchinson, 2021).

 

Reference:

Hutchinson, A. (2021). Twitter continues to work on emoji-style reactions on tweets. Retrieved from https://www.socialmediatoday.com/news/twitter-continues-to-work-on-emoji-style-reactions-on-tweets/601019/

Twitter、絵文字スタイルのツイートリアクションに現在も継続中

Facebookをはじめとするソーシャルメディアを利用している人たちは、「いいね!」「ハート」「悲しい」「笑」「怒」などの絵文字スタイルのリアクションボタンに慣れ親しんでいます。Twitterもこのトレンドに乗り遅れまいとしています。リバース・エンジニアリングの専門家であるJane Manchun Wong氏の最新の調査結果によると、絵文字スタイルのリアクションボタンは確かにツイートに向かっており、Twitterは「いいね!」、「応援」、「うーん」、「悲しい」、「ハート」などの新しいアイコンの開発を続けています。 この最新リアクションの選択肢は、これらの人気のある絵文字を組み合わせたもののようです。これにより、特に移動中にツイートに素早く応答するための選択肢が増えると同時に、他のソーシャルプラットフォームでのリアクション使用状況と関連し、より大きな習慣を利用できるようになるかもしれません(Hutchinson, 2021)。

Twitterは、2015年に同一の絵文字によるリアクションツールに、そして同様に2018年には高評価と低評価の選択を試してみましたが、いずれの機能も実装されませんでした。現在、この新バージョンがリリースに向かっているようで、このテストについてTwitterにコメントを求めたところ、一般的な回答が返ってきました。Twitterは、Twitter上で交わされる会話の中でユーザーが自分を表現する方法をアップグレードすることを目指しており、これはテスト中であることを明確に示しているが、今後のライブテストや機能の最終的な方向性については何も明らかにしていません。 しかし、状況は変化しつつあるようで、あなたのツイート処理にまったく新しい一連の懸念がもたらされるかもしれないし、Twitterが各ツイートに対するユーザーの返信を把握するために使用するまったく新しいデータポイントのコレクションがもたらされるかもしれません (Hutchinson, 2021) 

● Reading article for "Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses "

● Questions for Discussion for "Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses "

Based on the first paragraph, how does this new response choices help the users of twitter?

Based on the second paragraph, what is the reason why twitter improved its platform by implementing emoji-response tool?

● Questions for Discussion for "Twitter Is Still Working on Emoji-Style Tweet Responses "

Based on the first paragraph, how does this new response choices help the users of twitter?

Based on the second paragraph, what is the reason why twitter improved its platform by implementing emoji-response tool?

● レッスン予約はこちら

● レッスン予約はこちら

Excessive TV Time in the 40s, 50s and 60s Leads Brain Risks – Experts Says

2021年6月17日 Comments Off on Excessive TV Time in the 40s, 50s and 60s Leads Brain Risks – Experts Says By sekael
Excessive TV Time in the 40s, 50s and 60s Leads Brain Risks - Experts Says
Excessive TV Time in the 40s, 50s and 60s Leads Brain Risks - Experts Says​

● 学習者のみなさんへこのVideoは、この記事を書いてくださった先生が、リーディングを延ばすだけでなく、リスニングなど発音も一緒に理解できるように工夫されて作成しています。 イメージは、ニュースアナウンサーになっており、こちらのビデオだけで理解できるようになると、将来、海外のニュースも日本語の字幕なし、英語の字幕もなくても理解できるようになることを目指して、ニュースに似せて作成しております。 

 先生自身も、大手ECサイトでの英語記載、ジャーナリズム経験者、ゴーストライターなどと、なかなか普段会えないような職歴をもった方が今回の記事を書くだけでなく、このようにビデオ作成もしております。

日本人の方は、日本語訳が下にもありますが、なるべく、日本語訳をみないで、まずは一度みてから、日本語訳やリーディングを確認してもらえれば幸いです。 

セカエル講師陣より

● Video for "Excessive TV Time in the 40s, 50s and 60s Leads Brain Risks"

● Terminology & Vocabulary

● Reading article

● Questions for Discussion

・After reading this article, would you decrease your TV time?

・What did you learn from this article?

・Do you think it is necessary for the experts to strictly remind the public about this health risk in watching TV for too long? 

● レッスン予約はこちら

● こちらのレッスンについて

上記の記事を作成した先生がレッスンを担当いたします。

 


レッスン料金について

2021年の7月31日まで、グループレッスンがないため、それまでは、1コマ25分1000円(1100円税込み)のマンツーマンレッスンとなります。7月16日以降は、50分マンツーマンレッスンは1コマ25分2000円(2200円税込み)となり、グループレッスン(最大6名)が1コマ25分1000円(1100円税込み)となりますので、この期間中にご利用いただければ幸いです。

また、当校では集中して学習をしていただきたいという思いから、2コマ単位(1回50分)での受講をお願いしております。

 

 2021年7月31日まで2021年7月31日以降
プライベートレッスン(1名)

1コマ 1000円(1100円税込み)
※期間限定価格※

1コマ 2000円(2200円税込み)
グループレッスン(最大6名)×1コマ 1000円(1100円税込み)

 


初回体験レッスンに関して

初回は、50分:1000円(税込)となります。 

現在は、単発にて、気軽にいつでも受けれるシステムのため、このような料金になっていますが、8月以降は、さらなるサポートに特化した、TOEIC、TOEFL、英検、IELTS、SATなどにも特化した受講生限定のクラスも開校する予定ですので、引き続き、当校のサイトをご確認していただければ幸いです。 


レッスンを担当する講師に関して

 以下のような特徴がある講師が担当します。

(1)記事を書いた筆者、動画を作成している方が講師になります。 

(2)講師は、英語を使用したジャーナリズム、ゴーストライター、大手ECサイトなどでのリスティングや詳細を英文にて記載している方、英文校正者などと、専門性が高い講師陣で構成されております。

(3)また、講師経験よりも、より高い専門分野を得意とする方を採用しておりますので、英語講師としての質を向上するため、当校にて、英文法指導法の講座、英文法、単語のテストの合格者、英語指導法に関する勉強会(週1回マスト)なども徹底しております。

(4)フィリピン人の講師の選定の仕方に関しては、本年度の5月に募集をかけ、1000名以上の中から選んだ3名のみが、現在の講師としてお願いしております。基準は高く、英語力はもちろんのことながら、ネイティブではないことも考慮し、英語テストの徹底、勉強会、性格、経験など、ネイティブ講師でも専門分野だけは学習経験や仕事経験がないと難しいので、その点を特に強味として人選を徹底しております。

 


レッスン内容に関して

・英語を学ぶだけですと、他校でも素晴らしいスクールは多々ありますので、当校では将来につながるという思いも込めて、英語を学習することに付け加えて知識も学んでもらうことを、このレッスンでは強味にしております。

・メディカル英語、マーケティング英語、SEOに関する記事などもそうですが、海外の最新のニュースをリサーチして、教材にしておりますので、英語上級者の方でも、英語以外にも学べる内容に構成されております。

・メディア英語では、特に単語もそうですが、難しい発音も多いため、こちらの記事や動画を見てもらい事前に準備してからご参加くださいますと、専門分野の基礎としても大きく貢献できるかと存じます。

・英語以外にも、専門性や特技を学びたい方なども、ディスカッションもありますので、ただ専門性を延ばすだけでなく、ビジネスでのテレビ会議での意見交換などの練習にもなるように構成されてあります。

・TOEICとしては、こちらの記事と動画を見るだけでもスコアが伸びるように工夫はしておりますが、どちらかというと、TOEIC TOEICでスコアはあるけど、話せない、どうやったらこのスコアを会話に応用できるのか?と考えている方のほうが向いているレッスンになっております。

・会話が多い、上級者向けのクラスになっておりますので、TOEFL、IELTSなどのスコアアップにも応用できると思います。

・レッスンでは、こちらの記事に出てくる単語を使って文章をつくる練習、発音の確認、それからReadingの理解確認、ディスカッションにて、記事の内容を討論することが含まれております。記事を作成した筆者とのレッスンですので、この記事よりも深い内容をディスカッションにて、内容をより深めることが望めます。 

 


こんな方は是非

・TOEIC、TOEFL、IELTSのスコアアップを考えている方 ・将来、翻訳者、通訳者を目指している方

・英語以外の専門性を勉強したいと考えている方 ・留学を考えている方

・海外での仕事を考えている方 ・英語を使った仕事をしたいと考えている方 ・異文化を知りたい方

・帰国子女の方で、リーディングもある程度読める方 (単純な帰国子女というだけだと、難しい単語とリーディングもあるので、厳しい場合もあります) 

 


英語レベルの基準

 ・中級以上

例)TOEIC700点以上:あくまでも目安なので、TOEIC600点の方でもご参加は問題ありません

例)英検準1級以上

例)TOEFL IBT 90点以上

ポイントは、記事が日本語訳なしでも、ある程度理解でき、動画では、発音が聞き取れるのであれば、問題ないかと思います。少しでも不安がある方は、レベルが上記に達していなくても、プライベートレッスンですと、より丁寧に対応できますので、もし興味がありましたら、まずは、プライベート体験レッスンに応募していただければ幸いです。

 


The Benefits of Facebook and Instagram Hiding Like Counts

2021年6月17日 Comments Off on The Benefits of Facebook and Instagram Hiding Like Counts By sekael
The Benefits of Facebook and Instagram Hiding Like Counts
The Benefits of Facebook and Instagram Hiding Like Counts

● 学習者のみなさんへこのVideoは、この記事を書いてくださった先生が、リーディングを延ばすだけでなく、リスニングなど発音も一緒に理解できるように工夫されて作成しています。 イメージは、ニュースアナウンサーになっており、こちらのビデオだけで理解できるようになると、将来、海外のニュースも日本語の字幕なし、英語の字幕もなくても理解できるようになることを目指して、ニュースに似せて作成しております。 

 先生自身も、大手ECサイトでの英語記載、ジャーナリズム経験者、ゴーストライターなどと、なかなか普段会えないような職歴をもった方が今回の記事を書くだけでなく、このようにビデオ作成もしております。

日本人の方は、日本語訳が下にもありますが、なるべく、日本語訳をみないで、まずは一度みてから、日本語訳やリーディングを確認してもらえれば幸いです。 

セカエル講師陣より

● Video for "The Benefits of Facebook and Instagram Hiding Like Counts "

● Terminology & Vocabulary

● Reading article

● Questions for Discussion

  • Do you agree with the benefits discussed in the article?
  • Do you think it’s beneficial to remove like counts on Instagram and Facebook?
  • How does social media affect your self-esteem?

● レッスン予約はこちら

● こちらのレッスンについて

上記の記事を作成した先生がレッスンを担当いたします。

 


レッスン料金について

2021年の7月31日まで、グループレッスンがないため、それまでは、1コマ25分1000円(1100円税込み)のマンツーマンレッスンとなります。7月16日以降は、50分マンツーマンレッスンは1コマ25分2000円(2200円税込み)となり、グループレッスン(最大6名)が1コマ25分1000円(1100円税込み)となりますので、この期間中にご利用いただければ幸いです。

また、当校では集中して学習をしていただきたいという思いから、2コマ単位(1回50分)での受講をお願いしております。

 

 2021年7月31日まで2021年7月31日以降
プライベートレッスン(1名)

1コマ 1000円(1100円税込み)
※期間限定価格※

1コマ 2000円(2200円税込み)
グループレッスン(最大6名)×1コマ 1000円(1100円税込み)

 


初回体験レッスンに関して

初回は、50分:1000円(税込)となります。 

現在は、単発にて、気軽にいつでも受けれるシステムのため、このような料金になっていますが、8月以降は、さらなるサポートに特化した、TOEIC、TOEFL、英検、IELTS、SATなどにも特化した受講生限定のクラスも開校する予定ですので、引き続き、当校のサイトをご確認していただければ幸いです。 


レッスンを担当する講師に関して

 以下のような特徴がある講師が担当します。

(1)記事を書いた筆者、動画を作成している方が講師になります。 

(2)講師は、英語を使用したジャーナリズム、ゴーストライター、大手ECサイトなどでのリスティングや詳細を英文にて記載している方、英文校正者などと、専門性が高い講師陣で構成されております。

(3)また、講師経験よりも、より高い専門分野を得意とする方を採用しておりますので、英語講師としての質を向上するため、当校にて、英文法指導法の講座、英文法、単語のテストの合格者、英語指導法に関する勉強会(週1回マスト)なども徹底しております。

(4)フィリピン人の講師の選定の仕方に関しては、本年度の5月に募集をかけ、1000名以上の中から選んだ3名のみが、現在の講師としてお願いしております。基準は高く、英語力はもちろんのことながら、ネイティブではないことも考慮し、英語テストの徹底、勉強会、性格、経験など、ネイティブ講師でも専門分野だけは学習経験や仕事経験がないと難しいので、その点を特に強味として人選を徹底しております。

 


レッスン内容に関して

・英語を学ぶだけですと、他校でも素晴らしいスクールは多々ありますので、当校では将来につながるという思いも込めて、英語を学習することに付け加えて知識も学んでもらうことを、このレッスンでは強味にしております。

・メディカル英語、マーケティング英語、SEOに関する記事などもそうですが、海外の最新のニュースをリサーチして、教材にしておりますので、英語上級者の方でも、英語以外にも学べる内容に構成されております。

・メディア英語では、特に単語もそうですが、難しい発音も多いため、こちらの記事や動画を見てもらい事前に準備してからご参加くださいますと、専門分野の基礎としても大きく貢献できるかと存じます。

・英語以外にも、専門性や特技を学びたい方なども、ディスカッションもありますので、ただ専門性を延ばすだけでなく、ビジネスでのテレビ会議での意見交換などの練習にもなるように構成されてあります。

・TOEICとしては、こちらの記事と動画を見るだけでもスコアが伸びるように工夫はしておりますが、どちらかというと、TOEIC TOEICでスコアはあるけど、話せない、どうやったらこのスコアを会話に応用できるのか?と考えている方のほうが向いているレッスンになっております。

・会話が多い、上級者向けのクラスになっておりますので、TOEFL、IELTSなどのスコアアップにも応用できると思います。

・レッスンでは、こちらの記事に出てくる単語を使って文章をつくる練習、発音の確認、それからReadingの理解確認、ディスカッションにて、記事の内容を討論することが含まれております。記事を作成した筆者とのレッスンですので、この記事よりも深い内容をディスカッションにて、内容をより深めることが望めます。 

 


こんな方は是非

・TOEIC、TOEFL、IELTSのスコアアップを考えている方 ・将来、翻訳者、通訳者を目指している方

・英語以外の専門性を勉強したいと考えている方 ・留学を考えている方

・海外での仕事を考えている方 ・英語を使った仕事をしたいと考えている方 ・異文化を知りたい方

・帰国子女の方で、リーディングもある程度読める方 (単純な帰国子女というだけだと、難しい単語とリーディングもあるので、厳しい場合もあります) 

 


英語レベルの基準

 ・中級以上

例)TOEIC700点以上:あくまでも目安なので、TOEIC600点の方でもご参加は問題ありません

例)英検準1級以上

例)TOEFL IBT 90点以上

ポイントは、記事が日本語訳なしでも、ある程度理解でき、動画では、発音が聞き取れるのであれば、問題ないかと思います。少しでも不安がある方は、レベルが上記に達していなくても、プライベートレッスンですと、より丁寧に対応できますので、もし興味がありましたら、まずは、プライベート体験レッスンに応募していただければ幸いです。

 


A holistic and modern marketing approach of an old school retailing store

2021年6月15日 Comments Off on A holistic and modern marketing approach of an old school retailing store By sekael
A holistic and modern marketing approach of an old school retailing store
A holistic and modern marketing approach of an old school retailing store ​

● Video for "A holistic and modern marketing approach of an old school retailing store"

Terminology 

 

  • Customer’s demands: the amount and/or type of products and/or services that people will buy if they are available. 

 

  • Ebb and flows: the pattern of coming and going, rising and falling of something

 

  • Protocols: procedures or systems of rules in a government, community, or organization 

 

  • Virus transmission: the process by which a virus is transmitted commonly from person to person; the common process of transmission can be direct or indirect transmission. 

 

  • Outbreak: a breakout or sudden outburst of something not good like diseases, war, etc.

 

  • E-commerce industry: the industry involving the selling of physical products online 

 

  • Platform: An area, place, or subject where people can participate, use, or communicate. In the digital world, a platform can be an operating system or a website in which different products and services are provided. 

 

  • Hassle-free shopping experience: a shopping or buying experience where customers do not encounter problems or any bothersome moments. 

Vocabulary 

 

  • Pandemic: Noun: an occurrence and widespread of disease/s happening at a time affecting large areas or countries or even the whole world. 

   Ex: The COVID-19 is considered a pandemic since 2020. 

 

  • Revamped: Adj: having a new and improved form, way, appearance, description, or techniques 

   Ex: After a long pause, the company revamped with a new product line. 

 

  • Adopted: Verb: the act of taking up, choosing, or following something different or new. 

   Ex: Today, the world already adopted the new normal. 

 

  • Cope:  Verb: the ability to manage or to survive or successfully deal with something difficult. 

   Ex: I’m so happy seeing people successfully cope with depression. 

 

  • Imposed: Verb: to officially force or execute a rule, law, tax, etc.

   Ex: The government imposed a new law about paying taxes. 

 

  • Boomed: Verb: to increase or become successful

   Ex: Our company’s production boomed after we set new rules. 

 

  • Adaptations: Noun: a movie or series made adapting another film or movie (using another film as the model or reference)

   Ex: The Japanese adaptation of this drama series is outstanding. 

Questions for discussion

  1. What did you understand about the article? 

  2. Do you think that other businesses should set the The Vermont Country Store as a model these days? 

  3. If you are also an owner of a retail store, what ideas or ways you will do to overcome problems brought by the pandemic to your business? 

 

 

Comprehension 

 

  1. What are the three approaches that The Vermont Country Store did to take its marketing strategies to the next level? 

  2. Aside from answering calls from customers and accepting orders, what other service did the call center department offered to their callers? 

  3. The Vermont Country Store is an old-fashioned retailing store, what products are they selling? 

こちらのレッスンについて:

上記の記事を作成した先生がレッスンを担当いたします。2021年の7月31日まで、グループレッスンがないため、それまでは、50分2000円(2200円税込み)のマンツーマンレッスンとなります。7月16日以降は、50分マンツーマンレッスンは4000円(4400円税込み)となり、グループレッスン(最大6名)が2000円(2200円税込み)となりますので、この期間中にご利用いただければ幸いです。 初回体験レッスンに関して: 初回は、50分:1000円(税込)となります。 現在は、単発にて、気軽にいつでも受けれるシステムのため、このような料金になっていますが、8月以降は、さらなるサポートに特化した、TOEIC、TOEFL、英検、IELTS、SATなどにも特化した受講生限定のクラスも開校する予定ですので、引き続き、当校のサイトをご確認していただければ幸いです。 レッスンを担当する講師に関して: ・記事を書いた筆者、動画を作成している方が講師になります。 ・講師は、英語を使用したジャーナリズム、ゴーストライター、大手ECサイトなどでのリスティングや詳細を英文にて記載している方、英文校正者などと、専門性が高い講師陣で構成されております。 ・また、講師経験よりも、より高い専門分野を得意とする方を採用しておりますので、英語講師としての質を向上するため、当校にて、英文法指導法の講座、英文法、単語のテストの合格者、英語指導法に関する勉強会(週1回マスト)なども徹底しております。 ・フィリピン人の講師の選定の仕方に関しては、本年度の5月に募集をかけ、1000名以上の中から選んだ3名のみが、現在の講師としてお願いしております。基準は高く、英語力はもちろんのことながら、ネイティブではないことも考慮し、英語テストの徹底、勉強会、性格、経験など、ネイティブ講師でも専門分野だけは学習経験や仕事経験がないと難しいので、その点を特に強味として人選を徹底しております。 レッスン内容に関して ・英語を学ぶだけですと、他校でも素晴らしいスクールは多々ありますので、当校では将来につながるという思いも込めて、英語を学習することに付け加えて知識も学んでもらうことを、このレッスンでは強味にしております。 ・メディカル英語、マーケティング英語、SEOに関する記事などもそうですが、海外の最新のニュースをリサーチして、教材にしておりますので、英語上級者の方でも、英語以外にも学べる内容に構成されております。 ・メディア英語では、特に単語もそうですが、難しい発音も多いため、こちらの記事や動画を見てもらい事前に準備してからご参加くださいますと、専門分野の基礎としても大きく貢献できるかと存じます。 ・英語以外にも、専門性や特技を学びたい方なども、ディスカッションもありますので、ただ専門性を延ばすだけでなく、ビジネスでのテレビ会議での意見交換などの練習にもなるように構成されてあります。 ・TOEICとしては、こちらの記事と動画を見るだけでもスコアが伸びるように工夫はしておりますが、どちらかというと、TOEIC TOEICでスコアはあるけど、話せない、どうやったらこのスコアを会話に応用できるのか?と考えている方のほうが向いているレッスンになっております。 ・会話が多い、上級者向けのクラスになっておりますので、TOEFL、IELTSなどのスコアアップにも応用できると思います。 ・レッスンでは、こちらの記事に出てくる単語を使って文章をつくる練習、発音の確認、それからReadingの理解確認、ディスカッションにて、記事の内容を討論することが含まれております。記事を作成した筆者とのレッスンですので、この記事よりも深い内容をディスカッションにて、内容をより深めることが望めます。 こんな方は是非 ・TOEIC、TOEFL、IELTSのスコアアップを考えている方 ・将来、翻訳者、通訳者を目指している方 ・英語以外の専門性を勉強したいと考えている方 ・留学を考えている方 ・海外での仕事を考えている方 ・英語を使った仕事をしたいと考えている方 ・異文化を知りたい方 ・帰国子女の方で、リーディングもある程度読める方 (単純な帰国子女というだけだと、難しい単語とリーディングもあるので、厳しい場合もあります) 英語レベルの基準 ・中級以上 例)TOEIC700点以上:あくまでも目安なので、TOEIC600点の方でもご参加は問題ありません 例)英検準1級以上 例)TOEFL IBT 90点以上 ポイントは、記事が日本語訳なしでも、ある程度理解でき、動画では、発音が聞き取れるのであれば、問題ないかと思います。少しでも不安がある方は、レベルが上記に達していなくても、プライベートレッスンですと、より丁寧に対応できますので、もし興味がありましたら、まずは、プライベート体験レッスンに応募していただければ幸いです。

Celebrating Pride Online

2021年6月13日 Comments Off on Celebrating Pride Online By sekael
Celebrating Pride Online
Writer

Writer

Patricia Gwen